認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チーム

 ご本人やご家族、民生委員、ケアマネージャーなどからの相談を受け、認知症が疑われる方や認知症の方のご自宅を訪問し、必要な支援を検討し、ご本人やご家族の自立した生活のサポートを行う専門職のチームです。
 専門職とは、医師、看護師、保健師、作業療法士、精神保健福祉士、社会福祉士などの資格を持った職員です。チームは、広島中央認知症疾患医療センター(宗近病院)に設置しています。

相談の対象の方

 自宅生活をされている40歳以上の認知症または認知症の疑いのある方で、次の方が対象となります。

  • 認知症の診断を受けていない、または治療が中断している
  • 医療サービスや介護サービスを利用していない
  • 認知症の診断は受けたが、介護サービスが中断している
  • サービス利用しているが、認知症による症状が強く、対応に困っている    など

相談から支援までの流れ

1 地域包括支援センター または
  広島中央認知症疾患医療センターへ

 電話または、窓口にてご相談ください。

広島中央認知症疾患医療センター
 ℡:(082)493-8651
   
◇東広島地域包括支援センター
 ℡:(082)430-5330
◇黒瀬地域包括支援センター
 ℡:(0823)82-0203
◇北部地域包括支援センター
 ℡:(082)435-2240
◇安芸津地域包括支援センター
 ℡:(0846)45-1653

2 家庭訪問

 認知症初期集中支援チームが、ご自宅に訪問します。



3 認知症初期集中支援チームサポート

 サポート一例

  • かかりつけ医への相談や、必要に応じて専門医療機関への受診の促し・調整
  • 必要な医療や介護サービスの検討・調整
  • 認知症の症状に応じた対応や日常生活等についてアドバイス
※ サポート期間は最長で6ヶ月です   

4 引継ぎ

 認知症初期集中支援チームのサポート終了後、
 必要な方には医療・介護サービスの関係機関へ引き継ぎます。


ご利用案内

外来受付時間

《初診の方》08:30−11:00
      12:45−14:30

※木・土曜午後・日は休診

《再診の方》08:30−11:30       12:45−15:30

※日は休診 / 木は日直医